スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たべもの編

雪の影響で30分遅れで高松に到着
ホテルに荷物だけ先に預け
おうどん食べにレッツゴー!

img20090126_5.jpg



おうどん屋さんっていっても
お店によってそのスタイルはいろいろ
小心者の私は現場でオロオロするのが怖いので
初日に行くところはしっかり決めて
何を選んで どういう方法で席につき 片づけまで持っていくか
事前学習をしっかりして このうどん巡礼に挑みました!

まずは森製麺所さん

img20090126_4_1.jpg


かけ小 200円

1玉の量って意外と多いのね~
でもつるつるっといただきました
麺はしっかり おだしは少し甘め
おいしいのでおだしを全部飲みたかったのですが
この後もあるので ごめんなさい お残ししました


img20090126_3_1.jpg


ちょっと道に迷いながらも到着
2軒目はさか枝さん


img20090126_2_1.jpg


ぶっかけ小 180円

有名店だけあって
客のさばき方 接客も手馴れたもの
注文~会計~食事~があっという間

ヤカンからおだしをドバドバっとかけてくれます
濃い甘~なお味でした

うん♪ 麺もおいしい




3軒目 ちらし寿司が食べたくて 久保田さんへ行きたかったのですが
残念ながら廃業されたとのこと・・・しょぼ~ん


img20090126_1_1.jpg


ちょっと贅沢してタクシーで移動

うどんバカ一代さん

ここの店主は空手の有段者だそうで・・・
木村三郎さんの曲「チャンピオンラーメン」ならぬ
「有段者うどん」ってとこでしょうか(笑)


img20090126_6.jpg


釜あげを食べるつもりでしたがメニュー変更

釜玉小 350円

見て~ このエッジの立っている麺
さすがハードパンチャーが打ったおうどん
・・・違うか?! (笑)

高松到着から2時間で 3杯のおうどんをいただきました♪
おなか具合も楽勝やわ 



腹ごなしも兼ねて 栗林公園まで30分かけて歩き
公園内を1時間散策


img20090126_4.jpg


出口付近にある茶店で休憩

いえいえ・・・これももともと予定に入ってまして♪
高松の甘味って言ったらこれでしょう

あんもち雑煮♪  750円

甘味~?(笑)

両親が松山出身で松山ではおすましにあんもちなのですが
香川の白みそにあんもちは初めて
ワクワクする~♪

想像では白みその塩分とあんこの甘みのイメージだったのですが
意外や意外! 
白みそは優しく甘い その代わりにあんこが塩分強めに味付けされていたのです
珍しいものをいただくことができ感動~





夜中に水曜どうでしょう classic が放送されていて
「アラスカまでオーロラを見に行く」
ビストロ大泉 
本日パスタ ハリバットをフランべしていて大炎上

何度観ても楽しい (^o^)
寝ればいいのについつい見入ってしまいました


img20090125_2.jpg


で、夜更かししているとおなかが空いてきたので
夜食タイム・・・
もともと食べる目的でライブ帰りに買っていたのですけれどね(笑)


img20090126_2.jpg


翌朝 商店街をゆっくり歩きながら
ホテルから20分ほどで高松駅に到着

早朝から開いている 味庄さん


img20090126_3.jpg


湯だめを食べようと思っていたけれど
大きなタンクに入ったおだしを
自分でコックをひねって入れるのをしてみたくて「かけ」に (^_^;)

昨日は自分のおなか具合がわからず 取りませんでしたが
今日はトッピングにも挑戦!
半熟卵の天ぷらかと思ったら しっかりゆで卵でした。。。

かけ+たまご 250円



img20090126_1.jpg


おうどん屋さんは日曜定休が多いのです
帰りのバスの時間もあるし お店の開店時間までいられなかったり・・・で
不本意ではありますが こちらにおじゃま


img20090126.jpg


ちくわの天ぷらが食べたかったけれど
まだできていないとのこと (-_-;)
じゃぁ じゃこ天

じゃこ天うどん 470円

駅の立ち食いにしては立派なお値段
おだしを一口 むっ
麺を一口   むむっ


時間もあったので 締めとして もう一軒行きたくて
駅周辺を歩き探していたのですが
やはり定休日&開店時間がネックとなり
あの! おうどんで締めとなりました
残念~


img20090125.jpg


最後に食べたおうどんの“あとくち”がどうしても悪くて
途中で寄ったSAで口直しにおやつを購入


img20090125_1.jpg


高知出身のアンパンマンの原作者にちなんで
同じ四国ということで アンパンマングッズがたくさん売られていました

バス車内で昼食

アンパンマンおにぎり(130円)と四国限定 四万十の水(100円)


img20090125_3.jpg


おみやげのひとつ
ネットでこのお菓子の存在を知って
見つけたら買おうと思っていた

「おいり」

西讃岐地方でお嫁入り道具の一つとなっているもので
「心を丸くもって、まめまめしく働きます」
という意味がこめられているそうです (耳が痛~い、笑)
ま、意味はともかく このかわいらしさに惹かれてしまいました
口に含むとフワッと溶けてしまう餅菓子です
スポンサーサイト

コメント

Secret

つぶやいてもいます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。